やる気の持ち方によって大学進学も叶う通信制高校

やる気と目標の持ち方によっては大成できる

通信制高校出身のシステムエンジニアです | 普通に高校に通っていたよりも最先端だと感じた | やる気と目標の持ち方によっては大成できる

そこからは自分なりにシステムエンジニアに必要な能力や独学でプログラミングを勉強するなどやる気に満ちていました。
同業界では大卒を多く採用している事から大学に受かるための勉強を欠かす訳には行きませんし自分も自然と大学進学を希望するようになりました。
勉強は苦ではありませんでしたし、元々進学校に受かるほどの実績はあった事から大学でもわりとランクが上のところに行けそうだと先生からも伺っていました。
学校の勉強方法は自主性を重んじるやり方だったのを覚えています。
決して勉強を強制された事もありません。
そのため中には最低限の単位を取得して次のステップへ向かうものもいましたし私のように通信制高校で何かやりがいを見つけて、その目標に向かってまい進する者もいました。
中にはお笑い芸人をやっていて事務所に所属しながら通っている者もいました。
もしお笑い芸人で駄目でも中卒だと雇ってくれるところもいませんからそういった需要もあるわけです。
結果的に大学に受かる事ができ、自分の夢だったシステムエンジニアになる事もできました。
どうしてもネガティブなイメージがある通信制高校ですが、やる気と目標の持ち方によっては大成できる可能性が大いにある場所だと思っています。

ナノログ : 私が通信制高校に否定的な理由は進路未決定者の多さ。
改善策を考えよう。
https://t.co/I3C6IB5Zx4

— 馬場奈乃@人生模索ブロガー (@babanano_1998) 2018年5月20日

通信制高校聖進学院